問答セレクション2018(MS-18) Official Blog

決勝 2upクイズ
【3名 → 1名】

セットごとの早押しクイズを行い、4セット先取で優勝となります。
各セットのルール:
・1問正解で得点+1ポイント、不正解は次の1問休みとなります。
・得点が2ポイント以上になり他の二人に2ポイント以上差をつけたらセット獲得となります。得点はリセットされ次のセットへ移ります。
・誰か一人が2セットを獲得したとき、次からのセットでは、セット獲得の条件が「得点が3ポイント以上になり他の二人に2ポイント以上差をつけたら」に変わります。

ms-15の決勝戦のルールから若干変更しました。
不正解で一人休みになったとき、ms-15ではサイドアウトルールを採用していましたが、今回はそれがありません。
最下位が前二人に2ポイント以上差をつけられたら、そのセットの解答権を失う「足切り」も今回はありません。

優勝賞品は、大会名にちなんだアレをまたご用意しております。

準決勝 早押し「ケイリン」クイズ
【7名 → 3名】

4回戦を勝ち上がった7名は、まず1回戦ペーパークイズの成績順に並びます。

a.予選
・本戦スタート時の並び順を決めるためのボードクイズを行います。
・1問ごとに正解者は上位へ、不正解者は下位へ並び直します(Qさま風)。
・これを5問行います。
b.本戦
・早押しクイズを行います。
・最初に(1)を15問正解が出るまで行い、その後(2)に移行します。
・勝ち抜け者が出たときは、(1)に戻り5問正解が出るまで行い、その後(2)に移行します。
・3人勝ち抜けが出た時点で終了となります。
(1)先固モード
正解すると2段アップ(Qさま風 1位の人は順位の変動なく、2位の人は1段アップ)
不正解は最下位へダウン(最下位の人の不正解は、次の1問休み)
(2)打鐘(じゃん)モード
(1)のルールに加えて、1位の人が正解すると勝ち抜けとなります。


(1)先固モードでは勝ち抜けることはできません。このモードはあくまでも順位を上げていくためだけの早押しになります。
(2)打鐘モードになると、先頭の人は常に正解即勝ち抜けの状態になります。ただし、4位以下で正解が出ても、勝ち抜けチャンスはキープされます。

1999年に開催したデラウエア・チャンピオンシップの準決勝では、細かいところは若干違いますがこのケイリン風形式で行い、激しい順位争いが繰り広げられました。今回も白熱したバトルが見られるでしょうか。

このページのトップヘ